会長の挨拶 greeting

ようこそ公益財団法人宮城県消防協会へ

平成27年5月26日付けをもって会長に就任しましたので一言ご挨拶を申し上げます。

当協会は、宮城県内42消防団の消防団員と12消防(局)本部の消防職員、約23,500人の会員で構成されており、消防思想の普及啓発と消防技術の向上並びに消防団員等の育成強化を図り、住民の生命と財産を様々な災害から保護するとともに、地域の消防防災力向上に努め、地域住民の安心・安全の確保と県民福祉の増進に寄与する事業を行っています。

東日本大震災においては、全国各地からの暖かいご支援ご協力を賜り誠にありがとうございました。皆さまからの心温まるご支援に改めて感謝申し上げます。
当協会としましても一日も早い復興を強く願い、今まで以上に地域の防災力向上に努め、地域住民、県民の安心・安全の確保に努めていきたいと考えております。

近年、消防団員数の減少や高齢化、会社勤めの団員が増加し、昼間の災害対応力が低下するなど、消防団を取り巻く社会環境は厳しさを増しており、時代に即した消防団づくりへの取り組みが大きな課題となっております。

当協会においても、消防団員確保対策、消防団員及び若者等への教育訓練事業などに取り組み、地域活動を担う人材を育て、明るい未来を築きたいと考えておりますので、消防関係者をはじめ、県民の皆様より一層のご支援とご協力をお願い申し上げまして挨拶といたします。

平成27年5月

公益財団法人 宮城県消防協会 会長 平 渡 髙 志

このページの先頭へ戻る