更新履歴・トッピックス一覧 News&Topics

第68回宮城県消防大会を開催しました

2017/06/30 (金)

平成29年6月24日(土)登米祝祭劇場(水の里ホール)において、第68回宮城県消防大会を開催しました。

午後1時00分より開催した式典には、県内の消防関係者などおよそ800人が参加し、宮城県知事表彰、宮城県消防協会会長表彰の伝達をはじめ、消防庁長官表彰及び第69回日本消防協会定例表彰の受章披露が行われました。
米山丸山太鼓の和太鼓演奏で始まった式典の後半では、登米市津山町の出身で司会やパーソナリティ、薬剤師としてもご活躍のフリーアナウンサー佐々木真奈美氏より、「方言とお薬と防災と・・・」と題して講演をいただき、来場者は身近な方言と笑いを交えた講演に興味深く耳を傾けていました。
講演に引き続き、山元町消防団と栗原市消防団の皆さんによるラッパ吹奏発表会が行われ、行進曲や観閲など、素晴らしいラッパの音色を会場内に響かせました。
大会の最後には、消防団員・職員の士気高揚、消防人に課せられた使命感達成のため大会宣言を行い、一同賛同のもと、地域に密着した防災機関の要として地域の安心・安全の確保と郷土の復興に一致団結して邁進することを宣言しました。

また、式典会場の外で開催した消防ひろばでは、消防車両展示や防災資機材の体験展示コーナー、消防グッツの販売をはじめ、地元農業高校による出店やキッチンカーでの地元名物の販売などが行われました。
消防団募集のPRにはむすび丸やみやぎ消太くん、ゆるキャラが集結し、来場者との記念撮影などで一層にぎわいを見せていました。

第68回宮城県消防大会次第はこちら

第68回宮城県消防大会「大会宣言」はこちら

  

  

  

  

  

東日本大震災被害状況

このページの先頭へ戻る